スーパーナミット特徴

神奈川工業技術開発大賞 地域環境技術賞受賞!

スーパーナミット7つの特徴

  • 1. 添加撹拌するだけの簡便処理
  • 2. 広範囲の廃水処理に適用可能
  • 3. 発生源対策に最適
  • 4. フロック沈降が早く脱水も容易
  • 5. 複雑な処理設備が不要
  • 6. pH調整が原則的に不要
  • 7. 毒性がない

水処理における『スーパーナミット®』の位置付け

近年環境基準が厳しくなり、水の排出に関しても水質汚濁防止法では、各地域の実状に即した各種の上乗せ基準が実施されております。
ところが一口に水処理と言っても、単に大きな懸濁物を沈降させるだけの処理から、半導 体洗浄用の超純水製造までの広範な範囲を含みます。
清浄度の目標レベルを明確にさせる事が必要です。 『スーパーナミット®』は特殊な凝集剤ですので、排水中の0.1μ程度迄のコロイド物質 を含む懸濁浮遊物質を除去するという基本的な機能を有しておりますが、不溶性有 機物や、燐化合物等も除去される場合もあります。
一部の品種については砒素や有害重金属を除去する性能を有するタイプも用意しております。
しかし水に溶解している無機塩類(イオン)や低分子量の有機物(COD)を除去するためには更に高次の処理を行う必要があります。


『スーパーナミット®』による凝集機構

a. 通常濁水中では微細な懸濁物質が浮遊しており、その中1〜0.001μ程度のコ ロイド粒子は、通常表面が帯電しており、お互いに電気的に反発しあっていつまでも沈降しません。

b. これに 『スーパーナミット』 を加えて攪拌しますと帯電した粒子と 『スーパーナミット』中の微粒子が接触することにより、電気的に中和します。中和された粒子は互いに集まって少し大きな粒子となって行きます。更にこれらがいくつも集められ大きなフロックに成長します。(凝集作用)

c. フロックが大きくなると急速に沈降するようになり、下層部にスラッジとして堆 積し、清澄な水(上澄水)が得られます。


従来法との違いは?

凝集処理における従来法と『スーパーナミット®』法との違いは下表の通りです。

凝 集 剤 メリット デメリット
液状無機系凝集剤
・ポリ塩化アルミ(PAC)
・硫酸バンド(LAS)等
・汎用凝集剤として古くから実績がある
・低価格である
・pHが下がるため中和処理が必要
・凝集力が弱くスラッジボリュームが大きい 沈降が遅い
・高分子凝集剤との併用が必要である
有機(高分子)系凝集剤 ・フロックが大きい
・強い攪拌が不必要
・高pH域では中和を要する
・濁りが取れにくい
・フロックの粘着性が強い
・スラッジの脱水性が悪い
・製品に有機物が付着し品質 性能に悪影響を 及ぼす
スーパーナミット® ・高pH域でも凝集する
・中和緩衝機能を有しているのでpH調整が不要
・投入して攪拌するだけでよく工程が簡素である
・フロックが強固
・フロックの脱水性がよい
・スラッジの粘着性がなく水の分離性が良い
・薬品数が少なく、薬品管理が容易
・装置は省スペースである。
・材料価格が比較的高価である
・粉体の取り扱いに技術を要する

『スーパーナミット®』の一般的特徴

  • 1) 対象水へ添加して攪拌するだけの極めて簡便な工程です。
  • 2) 従来PAC添加後必要であった中和処理や、長時間を要する高分子の溶解作業が不要です。
  • 3) 対象排水は弱酸性から強アルカリ性まで広範なpHに対応できます。
  • 4) フロックの生成が速く、生成したフロックは沈降性、脱水性が良好です。
  • 5) 腐敗性のスラッジについては腐敗防止効果があります。
  • 6) 有害重金属(六価クロム等)を除去します。(Cタイプのみ)
  • 7) 前処理剤と組み合わせることで各種成分の除去が可能です。