ご使用方法


ご使用手順

 前処理は、特殊な排水の場合のみ行います。

ご使用手順

一般濁水を処理される場合

対象とする排水に最適な 薬剤を選定するまで
1) 薬剤の選定

対象となる排水に最適な 薬剤を選定するには
 ① 排水の性状(有機、無機、pH)から2〜3種の品種を選定します。
 ② 以下の手順で試験し、最適な薬剤を決定します。

 ◯テスト添加量の目安としてSSの約1/20〜1/100の量を仮に決める。
                                                       

 ◯排水100ccをビーカーにとり、薬剤 を加えて約1分間急攪拌し、更に弱く
        2分間攪拌する。 (フロック の形成具合を見る)
                                                       

 ◯約10分間静置の後にフロックのサイズ、形状、沈降性、上澄水の透明度等を
      比較し最適品種を決定する。

2) 添加量の決定

上記1)で決定した薬剤の添加量を何パターンが容易し300〜1000ccでの
凝集テストを行う。 次に上澄水の分析を行い、処理目標水準を達成する添加量を決定します。

3) 処理上のご注意

薬剤は粉体ですので、攪拌混合はジャーテスターと異なった条件が必要です。 即ち、凝結を
完全に行わせる為に初期化攪拌は出来るだけ激しくおこなって下さい。 但しあまり長く
ならない様にしてください。 次にフロックを出来るだけ大きく成長(凝集)させるため
ゆっくりとしばらく攪拌してください。


保管場所は高温多湿を避けて下さい。

川崎市起業家賞受賞

特殊排水を処理する場合

(1)有害物質が含有する排水を処理する
(凝集デモ実験でのB水、C水がその一例です)

<前処理(剤)が必要な排水とその前処理方法>
排水区分 含有成分 必要前処理剤

1)重金属類を含む排水

重金属イオン

アルカリ化
ATM-01(必要に応じて)

2)溶解性有機物を
  含む排水

色、臭い等
BOD、COD等
油分

NAC-01

 

3)溶解性無機物を
  含む排水

ホウ素
フッ素
砒素

ATM-14
ATM-01
ATM-03

4)溶解性無機塩類

アルカリ金属の無機塩類は、通常、+、−のイオンに解離しており、通常の凝集処理では除去出来ません。

アルカリ金属の無機塩類は、通常、+、−のイオンに解離しており、通常の凝集処理では除去出来ません。

(2)排水の濃度やCODが高い排水の処理法
   ”LASTING法”
   排水を先行して希釈してしまう処理法です。凝集沈殿処理して得られた処理水を
   濃度の高い排水にまた添加して希釈することで水を循環させて処理します。

   ”PULLOUT法”
   例えば塗装ブース内の排水をセンサーで管理し、一定の濃度を超える前にブロー水
   を抜き出して凝集沈殿処理する方法。処理した水は循環させることでCODを安定
   させる処理方法。

お取り扱い上の注意

取り扱い時は、防塵マスク、ゴム手袋を着用してください。
また、吸湿性がありますので高温多湿の場所は避けて保管して下さい。
一度に使い切らない場合は密封して風通しの良い場所に保管して下さい。

お取り扱い上の注意