スーパーナミットの特徴

 特  徴
 (汚染水対応型と汚染土対応型)

  1. ♧ 添加・撹拌するだけ
  2. ♤広範囲の廃水処理に適用が可能
  3. ♡ 発生源対策(廃棄物削減など)に最適
  4. ♢フロックが大きく沈降が早く、脱水性が良い
  5. ☘ 複雑な設備不要でブリッジも起こらない
  6. ♠pH調整が原則的にいりません
  7. ♥ 毒性がなく、塩分濃度に左右されません
  8. ♦ 焼却灰や汚染土の重半金属を不溶化するタイプ追加



水処理におけるスーパーナミットの位置付け

水処理は、単に大きな懸濁物を沈降させる
処理から半導体洗浄用等の超純水製造まで
と広範で
清浄度の目標レベルを明確にする
事が必要です。
スーパーナミットは排水中の0.1μ程度迄の
コロイド物質を含む懸濁浮遊物質を除去
すると同時に不溶性有機物や、燐化合物等も
除去できます。
砒素や有害重金属を除去する
タイプもご用意しております。
また、独自の製法と細かい製造工程指導により
粉体が供給機に詰まる"ブリッジ現象"を極限まで
抑制し、人手不足に悩むユーザー様の手間を
省きます。


水処理におけるスーパーナミットの位置付け

凝集のメカニズム

a. 濁水中では微細な懸濁物質が浮遊しており、1〜0.001μ程度のコロイド粒子は、表面が
  帯電しているのでお互いに電気的に反発し合い、いつまでも互いにくっつきあうことが
 無く、沈降しません。

b. これに スーパーナミット を加えて攪拌すると帯電した粒子と 薬剤中の微粒子が接触して
  電気的に中和します。
  中和された粒子は互いに集まって更に大きな粒子を形成します。
  これらがいくつも集められ大きなフロックを形成します。これを凝集作用と言います。

c. フロックが大きくなると急速に沈降するようになり、下層部にスラッジとして堆積し
 清澄な水(上澄水)が得られます。

※非常時・災害時の断水でトイレなどの洗浄水が手に入らない場合に、スーパーナミットを
 5kg/袋の小分けにして販売します。
 以下図説イメージの要領でご利用下さい。

凝集のメカニズム

従来法との違いは?

凝集処理におけるメリット・デメリットを下表の通り比較しました。

  凝 集 剤 メリット デメリット






 液状無機系凝集剤
・ポリ塩化アルミ(PAC)
・硫酸バンド(LAS)等
・汎用凝集剤として古くから実績がある
・低価格である
・pHが下がるため中和処理が必要
・凝集力が弱くスラッジが大きく沈降が遅い
・高分子凝集剤との併用が必要

 有機(高分子)系凝集剤
・フロックが大きい
・強い攪拌が不要
・高pH域では中和が必要
・濁りが取れにくい
・フロックの粘着性が強い
・フィルター交換頻度が高い

・スラッジの脱水性が悪く産廃処理費が高い
・製品に有機物が付着し品質 性能に悪影響












 スーパーナミット
・高いpH域でも凝集できる
・中和緩衝機能を有しておりpH調整が不要
・薬品の扱いと凝集処理が容易にできる
・フロックが強固で大きい
・フロックの脱水性がよく産廃処理費が安価
・スラッジの粘性が無い
・フィルターが詰まらず、交換頻度が低い

・添加する薬品数が少ない
・装置の簡素化、省スペース化が図れる
・製造過程で二酸化炭素排出量が低い

・薬剤単体の価格が比較的高価
 (トータルコストは安価)



特  徴

  • 1) 対象水へ添加して攪拌(100ppm×1分+400ppm×2分)だけの簡単な工程です。
  • 2) PACでは必要だった中和処理や高分子の溶解作業がいりません。
  • 3) 弱酸性から強アルカリ性まで広範なpHに対応します。
  • 4) フロックの生成が速く、生成したフロックは沈降性や脱水性が良好です。
  • 5) 原材料が無機だから腐敗性のスラッジにも腐敗防止効果を発揮します。
  • 6) 有害重金属(六価クロム等)を除去します。
  • 7) 前処理剤と組み合わせることで難しかった成分の除去が可能になります。
お困りの排水を次々と凝集しました。